青葉バリアフリーサポート21について                           

ABS21概要
【目的】
  ABS21は、横浜市青葉区およびその周辺地域が、障害があるなしに関らず、誰もが
 安心して暮らせるまち、お互いに個性を尊重し不足を補い支え合っていけるまちとなるように、
 障害を持つ方々の社会参加を促進しながらコミュニティづくり、まちづくりに取り組みます。

(1) 心のバリアフリー化によるネットワークづくり

(2) ひとりひとりのコミュニケーション能力向上と人間関係のマナーの向上につとめ、
   ふれあいを通して実践していく場を提供

(3) 病気や加齢等により、外出やコミュニケーションが困難になる障害をもった時でも
   誰もが安心して暮らせるバリアフリー社会の促進

【設立】 2000年1月3日
【発起人】 三竹眞知子、木庭袋純、剣木成文
【運営委員】三竹眞知子(代表)、矢野睦男(副代表)、栗木正壽(副代表)、山中信子(会計)、
       王子全主、斎藤一子、安部勝好、木村茂、矢野明 、岡島寛、入江恭生、星野正
【監事】澤田善實

【活動内容】
       ・ホームページ制作
       ・バリアフリーマップ制作 
       ・インターネットサロンの運営
       ・PC関連講習会の開催 
       ・バリアフリー社会を促進するための講演会開催など
【活動拠点】 横浜市青葉区市ヶ尾町1169-22 青葉区福祉保健活動拠点(ふれあい青葉)
【URL】
青葉バリアフリーサポート21(ABS21)
    URL:http://www.abs21.com/group/

・あおばバリアフリーサロンのホームページ企画・制作(青葉区社会福祉協議会共催事業)
     URL:http://www.abs21.com/

・あおばバリアフリーサロンふれあいメーリングリストの運営(青葉区社会福祉協議会共催事業)
     ML: aoba-bfs@m1.circle.ne.jp

市民活動団体調査報告書---横浜市青葉区・川崎市宮前区周辺を事例として---


目次に戻る 次へ